スタジオレコード陶芸教室

JR岐阜駅・アクティブGにある陶芸教室のブログです。 定期講座/体験講座の詳細、開講日などはホームページ(http://www.record-jp.com)に 掲載しておりますので、そちらもご覧下さい。

日曜クラス作品

DSC_0359 (1)

日曜クラス・大橋さんの作品。
ろくろで成形後、SD水色辰砂と飴釉を重ね掛け。
この色合いすごくいいと思いました。
滲んで流れた感じが焼き物ならではの色で、重ね掛けの良さが出ていると思います。

DSC_0355 (1)

重ね掛けは釉と釉の相性があるし、流れすぎてしまうことが多いので難しいですが、思っている以上に良いものができることもあるので、時々挑戦してみるのも良いと思います。

生徒作品(木曜・夜、日曜・朝)



木曜・夜クラス今田さんの瀬戸黒茶碗。
鉄織部釉の黒がしっとりとした色合いで厚みのある口造りとも合っていると思います。低めの高台も形とともにバランスがよく、茶碗としてとても良い作品になりました。
抹茶茶碗には茶碗としての雰囲気が大切だと思いますが、そういったものは塑像を作るような作り込み方とは違う向き合い方が必要になると思います。この茶碗は、土を触りすぎないということができてる作品になったと思います。


ando-1.jpg

オレンジの屋根が可愛い、日曜・朝クラス安藤さんの作品。
屋根のなみなみの線が柔らかさを出し、ハムスターの家としてとても愛らしく出来たと思います。
窓枠は伊羅保釉、窓は濃いブルーの釉薬。屋根はクリームオレンジ釉(数量限定のオリジナル釉)。
ハムスターが丸い入り口から顔を出しているのを見てみたいです。


木曜クラス作品



木曜昼クラス・小野さんの作品。
まだ入会まもないですが、紐作りの織部鉢、色も雰囲気もとても良い感じに焼けました。
釉薬は淡緑釉と織部釉を重ね掛けしています。織部釉の濃淡は土の表情も引き立てるので、紐作りの指痕も活きてきてると思います。



ikegami-fuji.jpg

木曜夜クラス・池上さんの作品2点。縁起がいいのでお正月にアップしようと思っていたのに今頃になってしまいました。
ロクロで成形した作品。奥の富士山は乳白釉とSD水色辰砂を使用。フォルムも色も釉の流れ具合もちょうど良くできました。
手前の蒼いカップも釉に変化があって面白いです。ロクロも短期間で形をコントロールできるようになってきたと思います。

釉薬は掛け方によって表情を大きく変えるので、それを意識して使うと陶芸の面白さがよりアップしますね。釉薬を使いこなすのは簡単ではないですが、その難しさが面白さでもあると思います。

本年もありがとうございました。

今年も一年ありがとうございました。
また来年も皆様に楽しんで通っていただけるような教室にしていきたいと思っております。
どうぞよろしくお願い致します。

inu-kishino.jpg
木曜クラス岸野さん作、チワワ。

木曜クラス作品



木曜夜クラスの田村さんの作品。
イギリスの古いスリップウェアのような色になるように、黄瀬戸釉をベースに鉄系の釉薬で調整しました。
初挑戦のイッチンで描いた線も愛らしく、それこそ全体にアンティークな雰囲気になったと思います。
フォルムも柔らかく、趣のある素敵な一品に焼き上がったと思います。

yosioka.jpg

同じ形のガラスの瓶をモチーフに作った白い花瓶。
木曜・昼クラス吉岡さんの作品です。
スタッズのようなドット柄がきれいで、乳白の釉薬もフォルムに合っていて、まとまりとセンスのある作品に仕上がりました。
他の素材で出来た物を陶器で再現して、かっこ良く、美しく見せるのは意外と難しい事なので、今回はとても上手くいったと思います。

今回掲載の2作品はどちらもイッチンを使いレリーフ状に模様を描いた物ですが、化粧土を使う際は素地となる器の方の乾燥具合と、描く方の化粧土の濃度がポイントとなります。
作品に描く前に何度も何度も練習してから一気に描く方が、すっとして、気持ちのよい作品に仕上がると思います。

今回のお二人の作品は女性らしい優しさが滲み出た作品に仕上がったと思います。

«  | HOME |  »

Calendar

« | 2018-07 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

☆カテゴリ☆



プロフィール

recoreco.

recoreco.

JR岐阜駅・ACTIVE Gにある「スタジオレコード陶芸教室」の講師4名と窯スタッフです。教室のことや生徒さんの作品紹介、ちょっとしたNEWSなどのお知らせブログです。

ホームページ

CONTACT
○studio record

〒500-8856 
岐阜市橋本町1-10-1 アクティブG 3F 337

TEL/FAX 058-265-9404 
※窯詰め窯出し作業中などですぐに電話に出られないことが多くありますが、講座開講時間帯にお電話頂くと繋がりやすいと思います。


E-MAIL
info[a]record-jp.com
※[a]を@にご変更のうえ、送信ください。


定休日 火曜日

☆☆☆☆☆

FC2Ad